小杉社会保険労務士事務所の小杉尚子です。秋田市で年金受給のためのお手伝いをしています。ご相談、お問い合わせをお待ちしています。

事後重症請求

事後重症請求


障害年金の請求には、認定日請求と事後重症請求があります。


認定日請求とは

  • 初診日から原則1年6か月を経過した日(障害認定日)において、要件を満たしていれば、遡って障害年金の受給ができます。(時効があるので、実際は過去5年分しか受給できません)。
  • 障害認定日から3か月以内の診断書が入手できれば、遡っての受給ができる可能性があります。

事後重症請求とは

  • 初診日から1年6か月を経過した障害認定日時点では、障害状態に該当しなかったが、そのあとに状態が悪化し障害状態に該当した場合は、事後重症請求をします。また、障害認定日当時の診断書が入手できない場合も事後重症請求をします。
  • 事後重症請求は、請求の翌月から年金を受給できますので、できるだけ早く請求することが重要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional