小杉社会保険労務士事務所の小杉尚子です。秋田市で年金受給のためのお手伝いをしています。ご相談、お問い合わせをお待ちしています。

加給年金と振替加算

加給年金と振替加算


加給年金

ご自分の老齢厚生年金(65歳前の特別支給の老齢厚生年金を含む)に加算されることがあります。

加給年金が加算されるための要件

  • 厚生年金の被保険者期間が20年以上あること
  • 生計を維持している65歳未満の配偶者や子がいること
     子とは、18歳到達年度の末日(3月31日)までか、20歳未満で一定の障害状態にあることが要件となります。

加給金額の加算はいつからいつまで?

  • 原則は65歳からですが、65歳前に特別支給の厚生年金の定額部分が支給される方は、定額部分の支給開始のときから加算されます。
  • 配偶者加給年金は、加算の対象となっている配偶者が65歳になるまで支給されます。その後、この配偶者の老齢基礎年金に「振替加算」という形に変わり支給されます。また、配偶者が厚生年金などの被保険者期間が20年以上ある老齢年金を受給できるようになると、加給年金は支給停止になります。

加給年金の金額

  • 配偶者は390,100円(H18年4月2日以降生まれ受給権者の特別加算含む)、1人目、2人目の子は224,500円、3人目の子は74,800円です。

    振替

振替加算

  • 加給年金が加算されていた配偶者が65歳になると、加給年金は打ち切られますが、その後はその配偶者の老齢基礎年金に振替加算が加算されます。
  • 振替加算の金額は振替加算をもらう方の生年月日によって異なり、(例:S31.4.2生まれの方が65歳になって受け取れる金額は年間44,900円です)
    加給年金額と比べると、だいぶ低くなっています。
  • 厚生年金等の被保険者期間が20年以上ある方で、老齢厚生年金等を受けている場合は、振替加算はありません。

加給年金と振替加算の関係



加給と振替

日本年金機構HPより

加給年金と振替加算の関係は、いろいろなケースがあり、わかりにくいところです。ご不明な点などは遠慮なく、お電話かメールでお問い合わせください。

お問い合わせは」をクリックしてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional