小杉社会保険労務士事務所の小杉尚子です。秋田市で年金受給のためのお手伝いをしています。ご相談、お問い合わせをお待ちしています。

病名

どんな病名が該当になるの?

障害年金は、病名により該当になるかどうかが決まるわけではありません。

  • 病名が診断確定されたからといって必ず該当になることもありませんし、難病など治療法がまだ確立されていない病気も該当になることがあります。
  • 病名が不明で、いろいろな病院を転々とし、やっと病名が診断された方については、病名が不明であっても最初に行った病院が、その病気に関しての初診日となります。初診日の時点で何の年金制度に加入していたかによって、受給できる障害年金の種類が違います。初診日の特定はとても大事です。
お問い合わせください

その症状により、どれくらい日常生活や就労に制限があるかで判断されますので、病名が下記にないような場合でもご安心ください。この他にも多くの傷病が障害年金の対象となっています。


ご自分が障害等級に該当するのか、請求できるのか等のお問い合わせは、電話かメールでご相談ください。
お問い合わせは」をクリックしてください。

症状

  • 精神疾患
    うつ病・そううつ病・統合失調症・発達障害・高次機能障害・てんかん・器質性精神病(頭部外傷など)認知症などの方
  • 生活習慣病
    脳内出血・脳血栓・脳腫瘍などの後遺症・ガン・糖尿病・慢性肝炎・肝硬変・心臓病・慢性腎炎・高血圧などの方
    • 人工透析を受けている方
    • 心臓にぺースメーカー、人工弁を入れている方
    • 人工肛門、人工膀胱を造設された方
       
  • その他の病気
    中皮腫、肺気腫、間接性肺炎などの呼吸器疾患・血液の病気・慢性疲労症候群・多発性硬化症・線維筋痛症・パーキンソン病・筋ジストロフィー・筋無力症・リウマチ・その他特定疾患、難病の方
  • 手、足などの肢体の機能に障害が残っている場合
    • 関節の可動が一定以下である方
    • 筋力が一定以下である方
    • 人工関節、人工骨頭を挿入置き換えしている方
    • 手足指の欠損、変形、短縮がある方
    • 脳性麻痺などで、座ったり立ちあがったりすることがむずかしい方
  • 目、耳、そしゃく、言語の機能に障害が残っている場合
    • 視力、視野が一定以下の方
    • 聴力が一定以下の方
    • 口から食べ物を摂取することが困難な方
    • 音声で意思を伝えることが困難な方

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional