小杉社会保険労務士事務所の小杉尚子です。秋田市で年金受給のためのお手伝いをしています。ご相談、お問い合わせをお待ちしています。

老齢年金

60歳~65歳を迎えられた方の老齢基礎年金・老齢厚生年金請求のお手伝いをします。

  • お客様お一人お一人の状況により請求の際に準備していただく書類が異なります。請求書の記入についてもご説明いたします。また、お客様のご希望により、代理で書類の作成、届出もいたします。
  • お仕事を続けられていらっしゃるお客様については、お給料と年金の額によって、年金が減額されるケースがあります(仕事をしながらの年金受給)。今後受給できる金額を詳しく試算いたします。また、お仕事をやめられた時の手続きもご案内いたします(雇用保険をもらうとき)。

老齢年金とは

  • 老後の生活を支える制度として、国民年金、厚生年金保険、(共済年金)などがあり、原則20歳以上60歳未満のすべての人に加入の義務があります。
  • ベースとなるのが基礎年金(国民年金)で、その上に会社員、公務員や私立学校教職員が加入するが加入する厚生年金が2階建て部分として支給されます。
  • さらに3階建て部分として、厚生年金基金、企業年金などがあります。
  • また、老齢基礎年金の上乗せ年金として国民年金基金があります。


9dba0e48cc4cd7a1bd80320bdb7ca6c9_s.png

年金を受け取るために必要な資格期間

老後の生活

原則として25年間の保険料納付・免除等が必要です。
H29.8月からは10年に短縮されました。今までは加入期間が足りなくて年金を受給できなかった人でも受給できる可能性があります。

  • 資格期間とは、保険料を納付した期間と保険料の支払いを免除された期間、資格期間の対象となるが年金額には反映されない合算対象期間を合わせた期間です。短縮の特例があります。
  • 合算対象期間とは、
    昭和36年4月1日以後の期間で、
    • 昭和61年3月までの厚生年金保険、共済組合の加入者の配偶者であった期間で国民年金に任意加入しなかった期間
    • 厚生年金保険、共済組合の加入期間のうち20歳未満、60歳以上の期間
    • 平成3年3月以前の学生であった期間(20歳以上60歳未満)
    • 海外に居住していた20歳以上60歳未満の期間  などです。

25年の要件は、H29.8月からは10年に短縮されました。今まで加入期間が足りなくて年金が受けられなかった方は、今後年金を受け取ることができる可能性があります。
ぜひご相談ください。

老齢基礎年金

  • 原則、65歳から受け取ることができます。
  • 20歳から60歳までの保険料をすべて納めると満額の780,100円を受け取ることができます。
  • 満額に満たない場合や資格期間が不足している場合は、60歳から65歳までの間、保険料を納めることができます。(任意加入
  • 繰上げの請求をすると、60歳から受け取ることができます。ただし、1か月につき0.5%の減額となります。
  • 逆に、繰下げをすることにより、受取時期を遅らせ66歳以降から受け取ることができます。この場合は1か月につき0.7%の増額となります。


老齢厚生年金

  • 原則65歳からの受取ですが、厚生年金に12か月以上加入した方は特別支給の厚生年金として65歳前から受け取れる場合があります。詳しくは「いつから受給できる?」をごらんください。
  • 以前は60歳から受け取れましたが、受給開始年齢が徐々に上がり、今年度に60歳を迎える男性は62歳からしか受給できません。
  • 65歳からの老齢厚生年金は、老齢基礎年金に上乗せする形となります。
  • 老齢厚生年金の年金額は、厚生年金保険の被保険者期間の月数とその間の報酬の額によって決まります。

お問い合わせください

ご不明な点やもっと詳しいことをお知りになりたいときは、お電話かメールでお問い合わせください。画面左の老齢年金のメニューもごらんください。

お問い合わせは」をクリックしてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional