小杉社会保険労務士事務所の小杉尚子です。秋田市で年金受給のためのお手伝いをしています。ご相談、お問い合わせをお待ちしています。

障害年金

手続きが難しい障害基礎年金・障害厚生年金請求のお手伝いをします。

  • 障害年金の受給は難しい」と言われています。何よりも手続きをされるお客様ご本人がご病気であったり、障害を抱えていらっしゃる方ですから、大変ご苦労されると思います。
  • その上、わかりにくく複雑な制度なので、手続きに必要な書類を準備する場合も非常に手間がかかります。

障害年金とは

  • 体の具合が悪くて、仕事が思うようにできない方や長期間にわたって療養が必要な方にとって、障害年金は生活の支えになるありがたい制度です。
  • 障害年金は、手や足の障害のように外見でわかるものだけでなく、心の病、糖尿病、心臓の病気、人工透析を受けている方のように外見だけでは障害の有無がわからない場合も対象となることがあります。目や耳の障害、またガンなどで全身状態が悪い方も対象となることがあります。
    b31410bc08c2c200197e1d657c164829_s.png
  • 障害年金は、体(障害)の症状によって、病名を問わずに受給できる可能性があります。

障害年金を受給できる要件

  • 初診日に国民年金、厚生年金等の被保険者であること。(国民年金の場合は国内居住で60歳から65歳未満であれば該当する場合もあります)
  • 初診日から1年6か月を経過した日(障害認定日)に障害等級の状態になっていること。(症状により例外があります)

お客様により異なることもありますので、詳しい要件はお問い合わせください。


障害基礎年金と障害厚生年金

障害基礎年金は、以下の方が対象となります。

  • 初診日において、国民年金の被保険者か、国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所がある方です。
  • 生まれつきの障害など、20歳前からの障害に基づく障害基礎年金は、保険料の納付要件は問われません。
  • 障害基礎年金は1級と2級の状態が対象となります。

受給できる状態は1級が日常生活が困難な状態であり、2級は日常生活は少々できるが、大部分は他人の介助が必要な状態です。

障害厚生年金は、以下の方が対象となります。

  • 初診日において、厚生年金の被保険者であることが必要です。
  • 障害厚生年金は1級、2級、3級の状態が対象となります。
  • 障害厚生年金の1級、2級に該当すると、障害基礎年金1級、2級も合わせてお受け取りいただけます。

受給できる状態は1級が日常生活が困難な状態であり、2級は日常生活は少々できるが、大部分は他人の介助が必要な状態です。3級は日常生活はできるが、労働が難しい状態です。

障害等級1級から3級の具体的な状態は、「受給できる状態は」をクリックしてみてください。

障害年金

障害等級は、変わることがあります。

  • 障害の等級は一度認定されても、その後ずっと変わらず障害年金を受け取れるわけではありません。
  • 数年ごとに医師の診断書を提出し、新たな等級に変更になることがあります。
  • 障害認定日に所定の等級に該当しない場合であっても、その後症状が悪化し、該当する状態になると事後重症請求ができます。
  • 現在の障害に新たな障害が発生したことにより、等級が変更になることがあります。


    ご不明な点やもっと詳しくお知りになりたいときは、お電話かメールでお問い合わせください。
    お問い合わせは」をクリックしてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional